Home > 皮膜を保証する品質管理

発想・設計から品質チェックまで つねに「ベスト」を求めて

NCIのセラミック溶射は、お客様の疑問に答えることからスタートします。
「こんなものを、こんな風にはできないだろうか?」…スタッフが経験・ノウハウ・日頃の研究成果を駆使して検討開始。ベストな溶射材料・工法をエンジニアリングします。
もちろん、実際の製作工程でも、独自のシビアな品質管理を工程ごとに実施。セラミックコーティング皮膜の品質安定をはかっています。

電子線マイクロアナライザー
表面粗さ測定
マイクロビッカーズ硬度計

検査項目
  • ・ 皮膜組織検査
  • ・ マイクロビッカース硬さ試験
  • ・ 付着力試験
  • ・ カップテスト
  • ・ ブラストエロージョン試験
  • ・ 表面粗度試験
  • ・ 膜圧検査
  • ・ 耐熱・腐食試験

NCIの作業フロー

NCIの作業フロー

成功をご提供するパーフェクション。
上記フローチャートが当社における溶射施工の流れです。コーティングの成否をきめるブラスティングや下加工といった前処理、最終的な精度や信頼性を裏づける研磨・封孔などの後処理。そして各プロセスを貫くクォリティーの深層チェックシステム…。すべての要素の完成度が高く、ひとつに美しく響きあったパーフェクトなコーティングを通じて、日本コーティング工業は皆さまの戦略を成功につなげます。

このページのトップへ