Home > 溶射材料別で選ぶ > 酸化物系溶射材料

酸化物系溶射材料

アルミナは、ダイヤモンドに次ぐ硬さがあり、融点は2,050度。耐熱性、耐薬品性、耐摩耗性、電気絶縁性にも富んでいるため、広い用途に使われます。また、ジルコニアは、熱膨張率が金属に近いので耐熱コーティングの主役。最近ではイオン特性などその秘めた機能性が、燃料電池はじめ未来系分野で注目されています。

クロミアは、もっとも緻密な溶射皮膜を形成します。用途の主体は摺動部品などの耐摩耗コーティングです。

材料名 主成分 皮膜特性
ホワイトアルミナ Al2O3 電気絶縁特性が最も高く、耐磨耗性が良い。
グレイアルミナ Al2O3
2〜3%TiO2
最もスタンダードな溶射材料
アルミナーチタニア Al2O3
13%TiO2
耐摩耗特性に優れ、水溶液にぬれにくい特性がある。
Al2O3
40%TiO2
耐摩耗性が良い。
チタニア TiO2 研磨仕上がり表面が優れている。
酸化クロム Cr2O3 耐磨耗性に優れている。
研磨仕上がり表面が優れ、摺動性が良い。
ジルコニア ZrO2-Y2O3 耐熱・断熱材として優れている。
ZrO2-MgO 耐熱・断熱材として優れている。

 

このページのトップへ