Home > 溶射材料別で選ぶ > 金属・合金溶射材料

金属・合金溶射材料

溶射の最大の利点は、ほとんどあらゆる材質・形状の母材に、厚い皮膜をつくれること。例えば、破損・摩耗した部品をステンレス鋼で肉盛り補修することも得意です。もちろん、合金も多士済々ですから、用途・役割も多彩。クリアランス制御や、セラミックコーティングの下地材としても活用されます。

材料名 主成分 皮膜特性
ステンレス鋼 Fe-13Cr 基材に対する熱影響の少ない肉盛り補修ができる。
耐摩耗性が有り、機械部品に有効
Fe-17Cr-12Ni-2.5Mo 基材に対する熱影響の少ない肉盛り補修ができる。
耐摩耗性耐食性が有り、機械加工性が良い。
金属 Al 溶射による表面粗さの自由度が高い。
Ni Ni、Ni合金肉盛、セラミックコーティングの下地材として使用される。
Mo 高融点のため溶融鋼に強い。基材金属と自己結合性がある。
合金 Ni-Cr 980℃までの耐熱・耐酸化性がある。セラミックコーティングの下地材としても使用される。
Ni-Al 800℃まで耐酸化性があり、自己結合性が特に高い。セラミックコーティングの下地にも使用される。
MCrAlY NiCrAlY
CoCrAlY
NiCoCrAlY
高温での耐酸化性に優れる。高温(800〜1100℃)で使用されるセラミックコーティングの下地として使用。
アブレイダブル材料 Ni-Cr-Al-BN 540〜815℃までのクリアランス制御用。
Ni-C 480℃までのクリアランス制御用。
Al-Si-Polyester 350℃までのクリアランス制御用。

 

このページのトップへ