Home > 溶射材料別で選ぶ > 炭化物系溶射材料

炭化物系溶射材料

炭化物系セラミックスは、付着力が高く溶射表面がなめらかなことが大きな特長です。溶射時の安定性を確保するために、金属と化合させた"サーメット"の状態でコーティングします。

炭化タングステン−コバルト、炭化クロム−ニッケル・クロムなどのサーメットがあります。なお、シリコンなど非酸化物系セラミックスも溶射できます。

材料名 主成分 皮膜特性
Cr3C2 Cr3C2
Ni-Cr
極めて高い付着力があり、溶射のままでなめらかな表面が得られる。
WC系 WC-Co
WC-Ni
溶射のままでなめらかな表面が得られる。
WC系 + 自溶成分 WC-Co-SFA 自己結合性により高い付着力が得られる。 耐摩耗性に優れ仕上げ肌がきれいである。

 

 

 

 

 

このページのトップへ