Home > 溶射プロセス別で選ぶ > サーモ溶射

サーモ溶射(サーモ・スプレイ=Thermo Spraying)

サーモ溶射

粉末状にした溶射材料を、酸素−アセチレン炎中に送り込み、燃焼炎の流れに乗せて加熱しつつ噴射します。溶融温度が低いこと、噴射速度が遅いことが独自のメリットを生み出します。


サーモ溶射 原理図

特 徴

  • 溶射材料は粉末状態。新しい素材への対応も含めて、選択肢がワイドです。
  • 被削性のある皮膜が得られるため、クリアランス制御用コーティングに適しています。
  • 自溶性合金にも利用されます。

代表的な施工例

<ポンプスリーブの耐摩耗目的での溶射品>

自溶性合金 溶射後

自溶性合金 溶射後

自溶性合金 研磨後

自溶性合金 研磨後


このページのトップへ