Home > 溶射プロセス別で選ぶ > プラズマ溶射

プラズマ溶射(プラズマ・パウダー・スプレイ=Plasma Powder Spraying)

NCIが極めてきたローカイド溶射の実績があればこそ、プラズマ溶射の良さを引き出すことができ、プラズマ溶射のメリットを十分発揮させることが可能になります。

プラズマとは、分子が1原子ずつに解離し、そこからさらに電子が放出された超高温のガス状態。 プラズマ溶射法はその超エネルギーを熱源として成膜材料を溶かし、爆発的に膨張するガスを収束したプラズマジェットで加速して、母材に叩きつけるようにコーティングします。

加熱温度は10,000℃。 だからこそ、融点がとても高くて他の表面改質法では扱えなかったセラミックス素材をコーティングできます。 しかも、溶射粒子の保つ熱量が少ないため、熱による母材への影響を抑えることができます。


プラズマ溶射 原理図

特 徴

  • 溶射材料は粉末状態。新しい素材への対応も含めて、選択肢がワイドです。
  • 高融点材料に強く、しかも皮膜に気孔が少ないため、母材との付着力が強固です。
  • プラズマ生成には不活性ガスを使用するため、酸化による材料変化の少ない皮膜をつくることができます。
  • 溶射する材料に適した溶射条件に調整することが可能です。

代表的な施工例

<攪拌羽根>

・ 耐磨耗、コンタミ防止


このページのトップへ