Home > 溶射プロセス別で選ぶ > アーク溶射

アーク溶射(アーク・スプレイ=Arc Spraying)

アーク溶射

アークとは、電極間の放電現象。瞬間的に大きなエネルギーが発現します。アーク溶射では、溶射材料を線材に加工して電極とし、その先端でアークを発生させます。線材先端はアーク熱によって溶融され、エアージェットで微粒化・加速、母材に噴射されます。
アーク溶射の特性として粗い皮膜や厚盛が可能になります。


アーク溶射 原理図

特 徴

  • 比較的低温で溶射が可能なため、母材の変質や変化を最小限に抑えることができます。
  • ガス溶射に比べて付着力・抗張力が高い溶射皮膜が得られます。

代表的な施工例

<スパッタ装置のチャンバー内シールド板への溶射品>


このページのトップへ