Home > 目的用途別で選ぶ > クリアランス制御コーティング

クリアランス制御コーティング

航空機エンジンのコンプレッサーやガスタービンなど、複雑な形状をもつブレードが運転時の熱によってどれだけ変形(膨張)するかは解析困難です。

しかしながら、ベストの燃焼効率を追求するためには、内壁とのクリアランス(隙間)をベストの状態にすることが不可欠です。そこで、特殊セラミックスのコーティング。

熱に強いことはもちろんですが、研削性に優れているため、運転することによって不都合な部分が削られ、最適なクリアランスが自動的に設定されます。

ガスタービン用ラビリンスシュラウド

(ガスタービン用ラビリンスシュラウド)

ターボチャージャー・ケーシング

(ターボチャージャー・ケーシング)


このページのトップへ